Slide show

法改正で住宅価格がさらにアップ!?(内田)

こんにちは、内田です😊

2025年4月、住宅建築に関連する法律が改正される予定です。

特にこれから家を建てようとしている人に関係してくるのが「建築物省エネ法」と「4号特例」です💡

原則すべての新築住宅・非住宅に省エネ基準適合が義務付けられます。

これまでは努力義務でしたが、今後は断熱材などの省エネ性能のない建物は、建てれなくなり、さらに建築費がアップする可能性も…

また、2階建てと、延べ面積200㎡を超える平屋の木造住宅も今後は、建築確認・検査において構造関連の資料の提出が求められます。

今回の法改正で、リフォームやリノベーションでも今後「確認申請」が必要になる場合があり、手続きや審査のために日数も手数料もかかります。

確認申請の工程が入ることにより、申請が不要だった頃と比べて、手間や期間・コストがさらにかかることが想定されるでしょう。

物件によっては、建物全体を現行の法律に合わせるために、予想外の工事代が発生する可能性もあります。

【2024年現在(4号特例の変更前)で「確認申請が必要な場合がある」の一例】

🌟 増築(部屋の増築/物置・倉庫やカーポート・ガレージの設置など)

🌟屋根の葺き替え工事

🌟外壁の張替工事

🌟家全体の間取りを変更するようなリノベーションやスケルトンリフォーム

大型修繕をご検討の方はお早めにご相談ください!

こんにちは、内田です😊

2025年4月、住宅建築に関連する法律が改正される予定です。

特にこれから家を建てようとしている人に関係してくるのが「建築物省エネ法」と「4号特例」です💡

原則すべての新築住宅・非住宅に省エネ基準適合が義務付けられます。

これまでは努力義務でしたが、今後は断熱材などの省エネ性能のない建物は、建てれなくなり、さらに建築費がアップする可能性も…

また、2階建てと、延べ面積200㎡を超える平屋の木造住宅も今後は、建築確認・検査において構造関連の資料の提出が求められます。

今回の法改正で、リフォームやリノベーションでも今後「確認申請」が必要になる場合があり、手続きや審査のために日数も手数料もかかります。

確認申請の工程が入ることにより、申請が不要だった頃と比べて、手間や期間・コストがさらにかかることが想定されるでしょう。

物件によっては、建物全体を現行の法律に合わせるために、予想外の工事代が発生する可能性もあります。

【2024年現在(4号特例の変更前)で「確認申請が必要な場合がある」の一例】

🌟 増築(部屋の増築/物置・倉庫やカーポート・ガレージの設置など)

🌟屋根の葺き替え工事

🌟外壁の張替工事

🌟家全体の間取りを変更するようなリノベーションやスケルトンリフォーム

大型修繕をご検討の方はお早めにご相談ください!

記事作成:内田早紀

の記事一覧はこちら


どうぞお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

086-263-6665
FAX:086-263-6669

営業時間 / 9:30~17:30
定休日 / 毎週水曜

内線:

  • ① お部屋の設備のトラブル
  • ② オーナー様、お部屋探しの方
  • ③ 仲介業者様
  • ④ 駐車場問い合わせ、退去
  • ⑤ 再契約、更新、契約変更等
  • ⑥ 売買について
  • ⑦ その他お問い合わせ

どうぞお気軽に
お問い合わせください

お問い合わせはこちら

086-263-6665
FAX:086-263-6669

営業時間 / 9:30~17:30
定休日 / 毎週水曜

内線:

  • ① お部屋の設備のトラブル
  • ② オーナー様、お部屋探しの方
  • ③ 仲介業者様
  • ④ 駐車場問い合わせ、退去
  • ⑤ 再契約、更新、契約変更等
  • ⑥ 売買について
  • ⑦ その他お問い合わせ