Slide show

所有者不明の土地問題(松島)

不動産登記法改正案閣議決定

所有者がわからないまま放置されている土地の問題を解決するため、政府は、相続する際の登記の義務化や、不要な土地を手放して国の帰属とすることができる制度の創設などを盛り込んだ民法や不動産登記法の改正案などを閣議決定しました。

相続する際に登記手続きを行わないことなどが原因で、所有者がわからないまま放置されている土地が増えていることから、政府は、民法や不動産登記法の改正案などを閣議決定しました。

この中では、土地や建物を相続する際の登記を義務化し、取得から3年以内に申請しなければ10万円以下の過料を科すとしたうえで、申請の負担を軽減するため、相続した人が申し出るだけで登記を認める新たな手続きを設けるとしています。

また、所有者がわからない土地については、裁判所が管理人を選び、所有者に代わって管理や売却を行うことができる制度を設けるほか、相続した人から遺産分割の請求が無いまま10年が経過した場合は、法律で定められた割合に応じて分割するとしています。

一方、建物や土壌汚染がないことなどを条件に、相続した不要な土地を手放して国の帰属とすることができる制度の創設も盛り込まれています。

政府は、今の通常国会で成立を目指す方針です。

というような記事を見かけました。

今後、所有者不明の土地の抑止につながるのでしょうか?

そもそも相続した土地をほったらかしていること自体、僕からしたらもったいなく感じます。(笑)

不動産には何かしら使い道があると思いますので皆さんもほったらかしにしているアパート、土地などがございましたらつばめ不動産まで是非ご相談ください!

不動産登記法改正案閣議決定

所有者がわからないまま放置されている土地の問題を解決するため、政府は、相続する際の登記の義務化や、不要な土地を手放して国の帰属とすることができる制度の創設などを盛り込んだ民法や不動産登記法の改正案などを閣議決定しました。

相続する際に登記手続きを行わないことなどが原因で、所有者がわからないまま放置されている土地が増えていることから、政府は、民法や不動産登記法の改正案などを閣議決定しました。

この中では、土地や建物を相続する際の登記を義務化し、取得から3年以内に申請しなければ10万円以下の過料を科すとしたうえで、申請の負担を軽減するため、相続した人が申し出るだけで登記を認める新たな手続きを設けるとしています。

また、所有者がわからない土地については、裁判所が管理人を選び、所有者に代わって管理や売却を行うことができる制度を設けるほか、相続した人から遺産分割の請求が無いまま10年が経過した場合は、法律で定められた割合に応じて分割するとしています。

一方、建物や土壌汚染がないことなどを条件に、相続した不要な土地を手放して国の帰属とすることができる制度の創設も盛り込まれています。

政府は、今の通常国会で成立を目指す方針です。

というような記事を見かけました。

今後、所有者不明の土地の抑止につながるのでしょうか?

そもそも相続した土地をほったらかしていること自体、僕からしたらもったいなく感じます。(笑)

不動産には何かしら使い道があると思いますので皆さんもほったらかしにしているアパート、土地などがございましたらつばめ不動産まで是非ご相談ください!

記事作成:松島健史

1課 営業部長  血液型/星座:O型/やぎ座  趣味:読書  メッセージ:人に信頼される仕事を心がけています。よろしくお願いします。

の記事一覧はこちら


どうぞお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

086-263-6665
FAX:086-263-6669

営業時間 / 9:30~17:30
定休日 / 毎週水曜

内線:

  • ① お部屋の設備のトラブル
  • ② オーナー様、お部屋探しの方
  • ③ 仲介業者様
  • ④ 駐車場問い合わせ、退去
  • ⑤ 再契約、更新、契約変更等
  • ⑥ 売買について
  • ⑦ その他お問い合わせ

どうぞお気軽に
お問い合わせください

お問い合わせはこちら

086-263-6665
FAX:086-263-6669

営業時間 / 9:30~17:30
定休日 / 毎週水曜

内線:

  • ① お部屋の設備のトラブル
  • ② オーナー様、お部屋探しの方
  • ③ 仲介業者様
  • ④ 駐車場問い合わせ、退去
  • ⑤ 再契約、更新、契約変更等
  • ⑥ 売買について
  • ⑦ その他お問い合わせ