Slide show

「50戸連たん制度の廃止」(松島)

岡山市は、「市街化調整区域」に新たに家を建てるための条例(50戸連たん制度)を、2年後の2026年に廃止する方針を決めました。

岡山市は計画的なまちづくりのために、市内を「市街化区域」と「市街化調整区域」というエリアに分けています。

市全体に占める面積は「市街化区域」が13.2%、「市街化調整区域」が61%です。

この「市街化区域」では、再開発など優先的に市街化を進める一方、「市街化調整区域」は住宅などの建設を制限します。

「50戸連たん制度」は、それぞれ55m以内にある建物が50戸以上連なっている区域に限って、新しい住宅の開発を認めるものです。

この制度に基づいて、岡山市は2001年度から2022年度までに合わせて8168件の住宅の新築を許可しています。

岡山市は、「コンパクトシティ」を掲げてまちづくりを進めています。これは、各地に「拠点」を設け、拠点同士を鉄道やバスなどの交通網で結ぶものです。

中心部の「都心」のほか、「北長瀬」「浜・原尾島」「西大寺」「岡南」の4地域を商業施設や拠点的な病院を誘導する「都市拠点」に、庭瀬や一宮、瀬戸など13地域を「地域拠点」に設定しています。

今後、上記エリアの土地価格が上昇していくのではないかと考えています。

住宅価格の高騰や今後の金利上昇リスクを考えるとマイホーム購入のハードルはかなり高くなるでしょう。

岡山市は、「市街化調整区域」に新たに家を建てるための条例(50戸連たん制度)を、2年後の2026年に廃止する方針を決めました。

岡山市は計画的なまちづくりのために、市内を「市街化区域」と「市街化調整区域」というエリアに分けています。

市全体に占める面積は「市街化区域」が13.2%、「市街化調整区域」が61%です。

この「市街化区域」では、再開発など優先的に市街化を進める一方、「市街化調整区域」は住宅などの建設を制限します。

「50戸連たん制度」は、それぞれ55m以内にある建物が50戸以上連なっている区域に限って、新しい住宅の開発を認めるものです。

この制度に基づいて、岡山市は2001年度から2022年度までに合わせて8168件の住宅の新築を許可しています。

岡山市は、「コンパクトシティ」を掲げてまちづくりを進めています。これは、各地に「拠点」を設け、拠点同士を鉄道やバスなどの交通網で結ぶものです。

中心部の「都心」のほか、「北長瀬」「浜・原尾島」「西大寺」「岡南」の4地域を商業施設や拠点的な病院を誘導する「都市拠点」に、庭瀬や一宮、瀬戸など13地域を「地域拠点」に設定しています。

今後、上記エリアの土地価格が上昇していくのではないかと考えています。

住宅価格の高騰や今後の金利上昇リスクを考えるとマイホーム購入のハードルはかなり高くなるでしょう。

記事作成:松島健史

1課 営業部長  血液型/星座:O型/やぎ座  趣味:読書  メッセージ:人に信頼される仕事を心がけています。よろしくお願いします。

の記事一覧はこちら


年別アーカイブ

どうぞお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

086-263-6665
FAX:086-263-6669

営業時間 / 9:30~17:30
定休日 / 毎週水曜

内線:

  • ① お部屋の設備のトラブル
  • ② オーナー様、お部屋探しの方
  • ③ 仲介業者様
  • ④ 駐車場問い合わせ、退去
  • ⑤ 再契約、更新、契約変更等
  • ⑥ 売買について
  • ⑦ その他お問い合わせ

どうぞお気軽に
お問い合わせください

お問い合わせはこちら

086-263-6665
FAX:086-263-6669

営業時間 / 9:30~17:30
定休日 / 毎週水曜

内線:

  • ① お部屋の設備のトラブル
  • ② オーナー様、お部屋探しの方
  • ③ 仲介業者様
  • ④ 駐車場問い合わせ、退去
  • ⑤ 再契約、更新、契約変更等
  • ⑥ 売買について
  • ⑦ その他お問い合わせ